珍日本風土記

『珍スポット』を求めて、日本全国を駆け巡っています。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

注文の多い山小屋 雨飾山荘 【新潟県糸魚川市】

azuminoniigata20120512.jpg


9月下旬に安曇野・白馬・糸魚川・朝日を旅したのですが、その道中、東国と西国を分かつ「糸魚川・静岡構造線」の断層近く、信州との県境に聳える雨飾山の北麓に、それはそれはユニークな山小屋があります。





お待たせ致しました。






それでは皆様を、越後 糸魚川・雨飾山の風の中にご案内いたします。





■ 注文の多い山小屋 雨飾山荘 【新潟県糸魚川市】




azuminoniigata20120514.jpg



azuminoniigata20120513.jpg



9月の下旬に安曇野・白馬・糸魚川・朝日を旅したときに立ち寄りました。糸魚川市中心部から国道148号線を白馬方面へ向けて走り、「根知」地区より県道をひたすら進みます。はじめは片側二車線あったのが次第に道幅が狭くなり、心臓破りの急坂や三半規管やぶりの急カーブが連続し、アスファルト舗装がコンクリ舗装になり、ナビから道が消えるという感じで、標高をあげて山の奥深くへと入っていきます。険しい道ではありますが、車でここまで来れるということが恵まれているのかもしれません。


azuminoniigata20120502.jpg


azuminoniigata20120511.jpg


azuminoniigata20120503.jpg



目的は日帰り入浴です。パスポートを提示すれば平日無料(土日半額)で入浴できる雑誌 『自遊人』の「温泉パスポート」というのがありまして、雨飾山荘も掲載されているために利用することにしたのです。土地柄、温泉宿というよりかは、雨飾山の登山者向けの山小屋といった印象が強いです。







それでは珍風土記的にこの山小屋をご案内しましょう。




最大の見所は何と言ってもトイレです。




azuminoniigata20120505.jpg

こういうタイプの張り紙というのは大抵は小便器の上辺りのちょうど目線の位置にあるものなのですが、トイレの入口扉にデカデカと貼ってありますから困ります。もちろん散らさぬように狙いますが、まさか雨飾山にいながら吉野の山がおでましするとは思いもしませんでした。



azuminoniigata20120508.jpg

女性にだって容赦ありません。「100円払ってんだから少しぐらいピーピーシャーシャー汚したっていいじゃないのよー!」という散らかし放題の傲慢女は、ここでは用を足すことはできません。下界に降りてください。さらに「ペーパァー」を大量に使うこともご法度のようで、林家一族もとい管理人の悲痛な叫びが伝わってくるようです。





azuminoniigata20120506.jpg


azuminoniigata20120507.jpg



用を足してスッキリなされた鉄趣味の皆様方は、どうぞこちらもご覧下さい。何故彼が鉄路から遠く離れた山小屋に宿泊したのか、さらに何故思い出の品をここに寄贈したのか甚だ疑問です。管理人の方と余程心に残る交流をされたのでしょうか。



azuminoniigata20120510.jpg


「鉄道なんて興味ねー!」という方々は、はんごろしラーメンをお召し上がり下さい。ただし、スープを完飲すること、茶や水は飲まないこと、空のどんぶりを笑顔で返却することなどの諸条件があります。










トイレも食事も注文が多くてロクなことねえじゃねえかとお怒りの皆様は、どうぞ気をつけてお帰り下さい。




azuminoniigata20120509.jpg




バス停までは、歩いて2時間です。。。







間もなく終点です。




本日もご乗車いただきありがとうございました。






<2012.9.23訪問>



-----物件情報-------

■ 雨飾温泉 雨飾山荘

住所:新潟県糸魚川市梶山1870

アクセス:長野自動車道 安曇野ICより車で120分

予算:1泊2食8,500円~ / 日帰り入浴 500円

定休日:冬季休業 11月初旬~5月中旬

HP: http://www.mountaintrad.co.jp/~amakazari/

電話:090-9016-3212

スポンサーサイト

| 甲信越 | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「それは踏み切りです。」

現代のようなグローバルな世の中で生活していると、たとえ日本で暮らしていても外国人から道を尋ねられるという場面に出くわすことは十分に考えられることです。


2012aut0403.jpg



例えば、線路が並行する湖のほとりの散策路を歩いていたら、後ろから外国人観光客に「エクスキューズ ミー??」と声をかけられまして、黄色と黒のしましま模様をしたカンカン鳴る物体を指差して、「ワット イズ ディス??」と訪ねられるシチュエーションは誰にでもよくあることだと思います。いつそのような状況に陥ってもいいように、無難に対処できる方法を習得しておかねばなりません。


2012aut0402.jpg





とはいっても、答えは簡単。



「いっつ 踏切」と答えてください。




これは決して『スピードラーニング』には盛り込まれていない会話のはずです。ただ実際にその場に行って実践しておかなければ不安だわという勉強熱心な方は、長野県まで行って練習してください。





<2012.9.22訪問>



-----物件情報-------

■ 一津 踏切

住所:長野県大町市平海ノ口

アクセス:JR大糸線 海ノ口駅下車すぐ

予算:無料

定休日:なし

HP:なし

電話:なし

| 甲信越 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。