珍日本風土記

『珍スポット』を求めて、日本全国を駆け巡っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「それは踏み切りです。」

現代のようなグローバルな世の中で生活していると、たとえ日本で暮らしていても外国人から道を尋ねられるという場面に出くわすことは十分に考えられることです。


2012aut0403.jpg



例えば、線路が並行する湖のほとりの散策路を歩いていたら、後ろから外国人観光客に「エクスキューズ ミー??」と声をかけられまして、黄色と黒のしましま模様をしたカンカン鳴る物体を指差して、「ワット イズ ディス??」と訪ねられるシチュエーションは誰にでもよくあることだと思います。いつそのような状況に陥ってもいいように、無難に対処できる方法を習得しておかねばなりません。


2012aut0402.jpg





とはいっても、答えは簡単。



「いっつ 踏切」と答えてください。




これは決して『スピードラーニング』には盛り込まれていない会話のはずです。ただ実際にその場に行って実践しておかなければ不安だわという勉強熱心な方は、長野県まで行って練習してください。





<2012.9.22訪問>



-----物件情報-------

■ 一津 踏切

住所:長野県大町市平海ノ口

アクセス:JR大糸線 海ノ口駅下車すぐ

予算:無料

定休日:なし

HP:なし

電話:なし

スポンサーサイト

| 甲信越 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chinhudoki.blog.fc2.com/tb.php/11-30328de3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。