珍日本風土記

『珍スポット』を求めて、日本全国を駆け巡っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

築70年の古宿 東山温泉 高橋館【福島県 会津若松市】

■ 東山温泉 高橋館 @福島県会津若松市


会津の奥座敷と言われる東山温泉。

会津若松市街地からほど近く。湯川の両岸の切り立った崖の上に、個性豊かな温泉宿が立ち並ぶ。川のせせらぎと共に温泉に浸かり、ゆったりとした時の流れに身を置くことができる。

その中に、ひときわ異彩を放つ、築70年の古宿『高橋館』があります。

それではご案内いたしましょう。



resize0043.jpg


会津若松市街地から程近いところに東山温泉はある。会津若松の駅からだと車で15分くらい、鶴ヶ城近辺からであれば10分かからないだろう。


会津若松の奥座敷として歴史も非常に深く、開湯は8世紀後半頃だという。現在の東山温泉の温泉街としての特徴は、温泉宿によって栄枯盛衰が非常にはっきりしているところである。消費者のニーズに合わせて内外装をお洒落にして丁寧なもてなしを提供する宿、いかにも格式が高くて高級そうな宿、足湯や川床をつくって個性を出す宿などがある一方で、今にも倒産しそうな佇まいの宿、すでに廃業して廃墟化している宿も存在する。

resize0041.jpg


その中で、温泉街のちょうど中心の位置にある『高橋館』はひときわ異彩を放つ古宿であり、東山温泉最古の宿といわれている。数ある温泉宿の中で、私は敢えてここを選び宿泊することにしたのだ。

旅館に到着し、駐車場の場所を聞くと宿の真ん前に停めてよいとのこと。事前の情報だと「駐車場:10台OK」とあったのだが、これでは1台停めれば満車である。他に駐車場があるのだろうか。

荷物を持って館内に入ると、今にも倒れそうな80歳くらいの老人が出迎えてくれた。この方をメインに、親族のもうお一方がたまに交代で切り盛りしているらしい。といっても食事の提供はなく、部屋とトイレと風呂の場所を案内して、布団を敷くくらいのこと。館内はおせじにも清潔で衛生的とは言えず、カビ臭・ほこり・くもの巣・虫(の死骸)なども目立つ。そもそもこのじいさん一人では掃除をするにも全てに手が行き届かないのだろう。

最初に部屋・トイレ・風呂の位置を一通り案内されるわけだが、館内はまるで迷路のようなつくりである。一度案内されただけでは、とてもじゃないが場所を覚えられない。階段や段差が多く、今は使われていない通路や部屋もたくさんあるために、とにかく複雑極まりない。しかし、この複雑なつくりこそが宿の歴史の古さを証明している。現代だと消防法とかバリアフリーなんかがうるさく、存在し得ない館内構造だからだ。

resize0040.jpg

resize0061.jpg



通された部屋がこちらである。湯川の流れを下に臨む角部屋である。湯川のせせらぎ(厳密に言うと轟音)が聞こえ、嫌でも日常の喧騒を忘れさせてくれるが、川の轟音という別の意味での喧騒がある。私には心地よい音だったが、気になる人には気になるのだろう。この日は私のほかに女性客がもう一人。女性客の入浴終わりを待って、私も風呂へ向かうことにする。

resize0044.jpg


高橋館の一番の売りはズバリ「岩風呂」である。

東山温泉は湯川の両岸の切り立った崖の上に温泉が立ち並んでいるが、高橋館の岩風呂は崖を掘って洞窟のようなものをつくり、そこに源泉を通してつくったものだそうだ。完成は昭和12年頃で、すべて手作業でやったというのだから驚きである。今回利用させてもらった岩風呂のほか、もうワンサイズ大きな浴場があるそうなのだが、東日本大震災の影響で温泉の出が悪くなり、通常の1/3程度しか出ないようで、大浴場は利用を停止しているらしい。

resize0048.jpg

浴場へと通じる通路。階段を下りていくにつれ、川の流れと目線が同じになるのが分かる。

resize0049.jpg

浴場入口。震災の影響で、源泉の温度も低下しているようで、ボイラーにより加温されている。

resize0050.jpg


ごつごつとした岩をくり抜いた洞窟の中の浴場。無色透明で若干とろみのある温泉。周囲を岩に囲まれているために景観は楽しめないが、川の音が外から聞こえてくる。電球の明かりひとつを頼りに、洞窟の中で一人ひっそりと温泉を楽しむという怪しさ。これ以上の「隠れ家」が何処にあるというのか。

resize0052.jpg


resize0047.jpg


resize0046.jpg


浴場から自室へと通じる通路。かつてここがスキー客の温泉宿として繁盛していたことがわかる。

resize0045.jpg


resize0054.jpg


こちらは今は使われていないトイレ。臭い消しのためか便器にはカラーボールが置かれていたが、このエリアの異臭と便器のきばみは常軌を逸するレベルである。しかし自室に向かうにはここを通らなければならないのだ。かなり開放的で広々とした便所。ここもスキー客用だったのだろうか。

部屋に戻ると布団が敷かれていて、開けっ放しだった窓が網戸になっていた。このあたりの心遣いはありがたい。

晩飯を買いに外に出ようとしたところで、ついでに会計を済ませておく。楽天トラベルで予約して行ったのだが、案の定というかなんというか現金決済のみ。私の明日の朝の出発が早いこともあって、事前に支払っておくことになったのだ。ちなみに料金は1泊素泊まりで4000円。一般的なビジネスホテル並みのごく標準的な値段である。『今夜は雨予報ですけど、もし雨漏りしたら500円割引しますから・・・』というまさかの割引特典までついている。(実際には雨漏りせず)

resize0055.jpg


resize0056.jpg



resize0058.jpg


会計ついでに旅館エントランス部分を見学。年季の入った小物があちこちに置かれている。そして看板猫も登場。床に寝そべって背中をスリスリ・・・。

resize0042.jpg

resize0062.jpg

ここは昭和を感じさせる品々に囲まれたおじいさんの書斎的なところ。左側のソファがおじいさんの定位置のようだ。



会計を終えると宿の歴史についていろいろ話をうかがった。その流れで、昭和12年の旅館建設当時の写真を見せていただくことができた。

resize0057.jpg


『あなたの部屋がこの辺で、風呂はこの辺りで・・・』

力なく柔らかい口調で語られるおじいさんの言葉からは、この宿と共に人生を歩んでこられた歴史が見え隠れする。築70年というから、旅館建設当時はこのおじいさんもまだ少年の頃だ。様々な思い出と記憶を積み重ねながら、旅館と共に歳月を重ねてきたのだろう。

時代が移ろい、生活様式や価値観が変化する中で、歴史と伝統を守りながら新しい時代に適応できるように変革をする。変革の積み重ねが新たな歴史・伝統となり、その時代の利用者に支持され続けるのだ。

時代に合わせて支持されるように、たゆまぬ努力をされている宿を否定はしないが、時代の変化に対応しきれず、客足が遠のいてしまったこの宿が果たして価値がないのかと言われればそうではない。もはや利益云々ではなく、旅館への愛着がおじいさんを動かしているのだろう。多くのお客さんとの出会いがあり、人生すべてが染み付いたこの宿を手放すことなど、きっとできないのではないだろうか。

言葉少なく力ないその人の背中からは、旅館が賑わいを見せ隆盛を築いた一時代の記憶の夢跡を追い続け、自分が死ぬのが先か旅館がつぶれるのが先か見届けてやろうとする凛とした覚悟と、内なる静かな意地とこだわりが見えるような気がした。


晩飯を済ませ、就寝の支度を済ませて寝床に入ると、湯川のせせらぎが心地よかった。自然と歴史に抱かれて眠るというのもまた格別である。


不便で不衛生な空間を許せるかどうか。川の音をうるさいと思うか心地良いと思うか。実際に宿に泊まってみて、確かめていただきたい。



resize0060.jpg



ここまで、福島県会津若松市よりお伝えしました。




<2012.6.10 訪問>


-----物件情報-------

■ 東山温泉 高橋館

住所:福島県会津若松市東山町湯本居平125

アクセス:常磐道 会津若松ICより車で20分、会津若松駅より車で10分強

料金:1泊 4000円(素泊まり)※楽天トラベル利用

HP:なし

スポンサーサイト

| 東北 | 12:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chinhudoki.blog.fc2.com/tb.php/3-192ddb8d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。